ビル

初期費用を極力抑える

初期費用を安くして部屋を借りる

不動産

賃貸物件を探していると、敷0礼0といった物件があります。これは、敷金0ヶ月礼金0ヶ月と初期費用として敷金と礼金がかからない物件をさします。賃貸物件の契約となると、普通敷金と礼金がかかるのが当たり前ですが、それが初期費用としてかからないので、だいぶ費用を抑えて部屋を借りることができます。アパートを借りる時には相場で家賃の4ヶ月から6ヶ月程度お金がかかります。家賃が6万円の物件であると最大で36万円程度は部屋を借りる前にお金をよういしておくことになります。それが、敷金や礼金がないとなると仲介手数料や火災保険料、日割り家賃、前家賃で初期費用がすますことができますので、だいぶ部屋を安く借りることができます。

敷金や礼金がかからない理由

賃貸契約のときに敷金や礼金がかからない賃貸物件をゼロゼロ物件と言います。なぜこのような敷金と礼金がかからない物件があるのかというと、大家さんが空室をなるべくつくりたくないといった思惑があるからです。空室があると収入が入ってこないのですから、どうしても入居をしてほしいわけです。そこで、部屋を借りたくてもお金があまりなくて借りることができない方をターゲットとして敷金礼金0に設定して、初期費用を安くすることで部屋を借りるハードルを下げているのです。注意点としては、敷金や礼金がかからない分が家賃に上乗せされて高くなっているのかや退去のときにどのくらい原状回復にお金がかかるなど契約内容をよく確認しておくことです。